食事

【ダイエット女子向け】炭水化物が少ない食品の◯◯を摂ると痩せる?




こんにちは!

オンラインダイエットサポートの町田耀大(マチダヨウタ)です。

今日は、超早起きで朝5時からツイッターを更新しました(笑)

冬の空は透き通っていて、早起きすると気持ちがいいです^^

前日に飲みに行く誘いがありましたが、強い意志を持って断りました。(実際は揺らいでました^^;)

では、今回は炭水化物の少ない食品を上手く活用する事によって、ダイエットを成功させる記事です!

そもそも炭水化物ってなに?

僕たちは、筋肉を動かして普段生活をしています。

椅子から立つ時も、電車が来るのを待って立っている時も、階段を登る時もです。

その筋肉を活動させるのに、必要不可欠なのが「炭水化物」です!

炭水化物は、筋肉を動かすだけではなくて、脳のエネルギーにもなります。

なので、車でいう「ガソリン」みたいなものです。

身体には必要不可欠です!

炭水化物が少ない具体的な食品とは?

必要不可欠だといっても、炭水化物を摂り過ぎると、結果的に脂肪になってしまいます。

今回の記事では、炭水化物が少ない食品で痩せることが、1番の目標なので、行動に移しやすいように、具体的な食品をご案内します。

まず、大きな括りとしては、炭水化物が少ない食品はこちらの項目になります。

・肉類

・魚介類

・乳製品

・野菜

この4種類が僕のお勧めする、食品のカテゴリーになります。

もっと具体的にいうと、「鳥の胸肉のソテー、マグロの刺身、レタスとツナのサラダ」とか良いですよね^^

炭水化物が少ない食品だと痩せる理由!

続いて、炭水化物が少ないとなぜ痩せるか?ということについて、今度はお話していきます。

炭水化物は、「糖質+食物繊維」で構成されます。

そして、食物繊維は消化されずに、体外に排出されてしまうのに対して、糖質は摂り過ぎると、脂肪として身体に貯蓄されてしまうんです。

なので、炭水化物量が少ない食品を、積極的に食べることで、脂肪が貯蓄されにくい食事ができるわけです^^

気をつけなきゃいけない炭水化物の食品!

先ほどは、積極的に食べた方が良い食品をあげましたが、今度は気をつけないといけない、炭水化物が多い食品です。

・ご飯類

・パン類

・麺類

・菓子類

・根菜系の野菜

こちらのカテゴリーになります。

美味しいものばかりですね!

後ほど、なぜこの食品たちが美味しく感じるかも、ご案内いたしますね^^

炭水化物の多い食品を摂る時はビタミンB1も摂る

炭水化物が多い食品をたくさん摂ってしまったら、先ほども言ったとおり脂肪になります。

なので、脂肪にしない為には、なるべく糖質の代謝を高める必要があります!

特に糖質の代謝をスムーズにしてくれる、栄養素はビタミンB1です。

いきなり「ビタミンB1を摂れ!」と言われても、なに摂れば良いの?って感じですよね。

具体的な食品でいうと、「豚肉・鰻・卵」です!

鰻はそんなにしょっちゅう食べる感じではないので、豚肉と卵が現実的かもしれませんね!

炭水化物が少ない食品だけ摂っていても幸せになれない!

先ほど、なぜ糖質が多い食品を食べると、「幸せな気分」になるかというのを、後ほどご案内します。といっていましたよね!

今からご説明します。

炭水化物に入っている糖質を食べると、「セロトニン」というホルモンが分泌されます。

このホルモンが、分泌されることによって、「多幸感・安心感」を得ることが出来るといわれています。

イメージしてもらうと、とてもわかりやすいのですが、会社で嫌なことがあった時や、すごく疲れている時って、「甘いものが摂りたくなりますよね?」それは、甘いものが食べたいんじゃなくて、セロトニンを分泌したいんです!

現代社会は、「ストレス社会」といわれているくらいです。

特に日本人は真面目な性格なので、世界的にみてもストレスを多く感じている人が、とても多いようです。

なので、炭水化物をゼロにするというよりは、程よく摂るということが大切です。

身体が痩せると嬉しいかもしれませんが、「心も一緒に痩せてしまう」と身体が綺麗になっても、幸せではないですからね。

最後まで読んで頂きありがとうございました^^