ダイエット

ダイエットで筋トレは毎日やった方が痩せる【痩せたい女性向け】




筋トレ頻度に悩んでる痩せたい人「ダイエットしているけど、あまり上手くいってないなぁ。もしかして筋トレ頻度が間違っているのかもしれなくて不安。今は毎日やっているけどあっているのかなぁ。詳しい人に話を聞きたいなぁ。」

今回はこういった方に対してお答えします。

この記事を読めはこちらのポイントが分かります。

・正しい筋トレの頻度

・どのような筋トレをやれば良いのか

・筋肉をつけない方がいい理由

この記事を書いている僕は、「脳科学・心理学」を組み合わせた、ダイエットの専門家として、独立をしてから【7年目】になります。

ちなみに、僕の実績はこちらになります。

・女性誌「Oggi」「scawaii」の雑誌掲載

・マイナビ出版の「私たちのダイエット」書籍監修

・NY、 LAのダイエットジムの20店舗以上でトレーニングを体感

・NYコレクションモデル直接指導

・銀座、恵比寿、渋谷での女性専門パーソナルトレーニングジム経営(4年目)

・全国展開大手フィットネスジムで全国売上No.1獲得 

最近はYouTube動画を毎日更新しています^^

ダイエットの筋トレは毎日やった方が良い理由

筋トレダイエットは毎日行うのか、それとも1日おきの方が良いのか、迷ってしまう人もいると思います。

もちろん、目的によってダイエットの筋トレ頻度は違ってきます。

今回は、タイトルにもあるように、ダイエットをしたい女性に向けて書いていきます。

ダイエットに筋トレが必要な理由は?

ダイエットの大前提となるのは、この関係性です。

「消費カロリー > 摂取カロリー」

この関係性が成り立たない限り、どんなに運動を頑張っても痩せません。

気になるお腹の脂肪や太ももの脂肪を落とすには、食べるカロリーよりも消費するカロリーが上回っていなきゃいけません。

つまり、毎日筋トレをすることで、消費カロリーを多くすることが出来るので、間違えなく毎日行った方がダイエット効果は高く痩せます。

ダイエット女子は筋肉をつけない方が良い

ダイエットをしていると、どうしても筋肉量を多くして「基礎代謝量を上げましょう!」という言葉を聞きますよね。

しかし、筋肉量を多くするということは、筋肉の横断面積も増えるということです。

つまり、実質太くなるということです。

筋肉量が増えたけど、細くなったというケースもありますが、それはその人が脂肪たっぷりで、筋肉が全然なかった場合のパターンです。

脂肪量がそこまで多くない人が、基礎代謝量を上げるために、筋肉をつけ過ぎると単純に「ごついボディライン」になります。

つまり、細いモデル体型になりたいのなら、筋肉量はそこまでつけない方が良いということです。

実際にモデルさんは多く担当してきましたが、みなさん筋肉量はとても少なかったです。

むしろ、多かったらあんな細い身体は作れません。

ダイエットでは有酸素運動的な筋トレがおすすめ

先ほどの続きみたいな感じになりますが、筋肉を太くする筋トレはせずに、筋トレっぽいけど有酸素運動に近いトレーニングをすることが、筋肉をつけないで消費カロリーを増やして脂肪を燃やせる方法です。

僕がおすすめする筋トレをインスタグラムに上げたので、お時間がある時に一緒に見ながら運動して見てくださいね^^

食事は筋トレ以上の効果を発揮

「消費カロリー > 摂取カロリー」のこの関係性が成り立っていれば、基本的には痩せられるので、筋トレが苦手な人は食事を管理することで、筋トレを極端に少なくしても痩せる事が出来ます。

なので、食事は運動するよりも重要性は高いと、僕は痛切に感じています。

食事も管理する方法はたくさんありますが、一番良いのはストレスをなるべくかけないことです。

結局ダイエット以外のこともそうですが、継続できなければ結果は出ません。

つまり、続けられることが一番重要なので、ストレスをいかに減らすかが、ダイエット成功の鍵になります^^

ダイエットで筋トレを毎日したいし、筋肉も増やしたい場合

先ほどは、筋肉を増やさないダイエットを、おすすめしていましたが、筋肉を増やすこともメリットは沢山あります。

筋肉を増やすことで基礎代謝量を増やすことができるので、食事量を少し摂り過ぎてしまっても、太りにくい身体になることができます。

筋肉を増やすと痩せやすいのは間違えない

まず初めに知っておいて欲しいのは、基礎代謝量というものです。

基礎代謝とは、簡単にいうと、生命維持のために消費する必要最小限のエネルギーのこと。

つまり、生きているだけで必要なカロリーっていう感じです。

筋肉の量が増えると、この基礎代謝量と活動代謝量が増加するので、同じ生活をしているのに「痩せやすい」という、状況を作り出すことができます。

筋肉を増やしながら毎日筋トレをする場合のメニュー

筋トレにはで筋肉を増やすためには、回復期間である「休息」が必要不可欠になります。

なので、筋肉の量を多くすることが目標なら、筋トレも同じ筋肉を連日鍛えることは、良くないです。

筋肉を肥大化させるために気を付けるべき食事は、とにかくタンパク質量です。

筋肉を作る材料となるのが、タンパク質なので、タンパク質を体重に対して2gくらい摂れるとバッチリですね。

トレーニングに関しては「回数」が重要なのではなく、「負荷」が重要です。

軽過ぎるものを高回数行うよりも、高負荷の重いものを10回くらいを目標にできると良いです。

つまり、毎日筋トレしても良いけど、筋肉の修復期間を考えて、筋トレする場所を考えて行った方が効率が良いということです。

最後まで読んで頂きありがとうございました^^