ダイエット

痩せたい40代の女性のダイエット方法【科学的根拠あり】




40代の痩せたい人「最近昔と比べて痩せにくくなってきてるなぁ。だからと言って、まだおばさん体型には絶対になりたくない!でも詳しい人が近くにいないし、テレビや雑誌がいっていることも信じられない。どうしたら良いんだろう。」

今回はこういった方に対してお答えします。

この記事を読めはこちらのポイントが分かります。

・40代の女性のダイエット方法がわかる

・短期ジムに通わない方が良い理由がわかる

今回もYouTubeを更新しましたので、是非ご覧になってください。

痩せたい40代の女性が今ダイエットをやるべき理由

若い頃と比べ、40代になるとなかなか痩せることが、難しくなってきた女性の方は多いと思います。

今までよりも痩せにくいのには理由があります。

まずは代謝が落ちることです。

何もしなくても、カロリーを消費するエネルギーを基礎代謝いいます。

その基礎代謝が低下するので、痩せにくくなるといわれています。

あとは、基礎代謝とは関係なく、細胞レベルで代謝量は落ちるので、痩せにくくなることもあります。

傷の治りとかも遅くなったりしますよね?

だから、今まで以上に運動をしないと、なかなか脂肪は燃焼して痩せることができません。

40代はストレスの種類も変わってくる

仕事でも、少し管理職のような立場が上になったりすることで、上からも下からもプレッシャーがあり、ストレスがかかりやすいポジションになります。

実際に、統計的にも中間管理職の40代から50代のサラリーマンは、一番うつ病になりやすいといわれています。

あとは、女性の場合は、仕事と育児を両方こなさなければいけないので、それによるストレスがダイエットの妨げなっている人も多いです。

仕事や育児のストレス等で暴飲暴食になったり、食事を栄養バランスを考えずに食べていると、太ってしまうだけです。

「今までと同じように」が運動面でも、食事面でも通用しないことを理解して、ダイエットに取り組む必要があります。

インスタグラムも毎日更新しています!

 

View this post on Instagram

 

町田耀大さん(@yota09200)がシェアした投稿

痩せたい40代が失敗してしまう原因とは?

そもそもダイエットを失敗してしまう理由は、継続できないことにあります。

若い頃に比べて痩せにくくなっていますが、それをきちんと把握している人が少ないのが現状です。

そのため若い頃と同じような感覚でダイエットを行なってしまい、昔と同じように痩せないことが、不安感やストレスになって、ダイエットのモチベーションを下げてしまう原因になります。

必ず自分が「痩せにくくなった」ことを把握した上で、ダイエットをスタートしましょう。

痩せたい40代が継続させるコツは

高すぎる目標を立てない

高すぎる目標を立ててしまうと、ダイエットを始める前からくじけてしまうのことが多いです。

僕のダイエットプログラムを受けて頂いている、女性の方からのお問い合わせで多いのは、ダイエットプログラムはキツ過ぎませんか?というお問い合わせです。

初めから続けられるかなぁ。といった不安感があると、モチベーションは絶対に下がります。

ダイエットを続ける上で、やる気を維持することは大切なことなので、ダイエットを行う上で始めから高い目標を立てることは避けましょう。

ダイエットの期間の目安

まずは、3ヵ月は全然続けられるってことを、してみてください。

そのあとに、10ヶ月〜12ヶ月の期間続けらることを、考えてダイエットのプログラムを組む必要があります。

ダイエットで絶対にやってはいけないことは、ストレスがかかり過ぎてしまうことです。

ストレスフリーでダイエットを行うと継続できるので、ゆるくて良いので継続させることを目標にしましょう。

数字にとらわれすぎない

数字よりも見た目を気にしましょう。特にボディラインの崩れが大きく見られるが40代のタイミングです。

ダイエットの鉄則は、継続させること。

数字にこだわってしまうと、我慢我慢のダイエットになってしまい
、急に我慢の限界をむかえてしまいリバウンドすることは、よくある話です。

なので、数字にこだわらずに、今日ダイエット為に出来たことを1つでも増やせるする。このように考えるようにしましょう。

自分の体を写真で確認すること

「本気で体のラインを整えたい」「綺麗な体を作りたい」と思っている40代女性はぜひ写真での記録をオススメしまう。

数字にこだわらないと、変化を感じるところがないので、やる気がなくなってしまいますよね?

なので、数字ではなく写真で比較することをお勧めします。

数字は変わらなくても、身体が細く引き締まることは出来ます。

それは、筋肉と脂肪は同じ重さでも、脂肪の方が大きいからです。

同じ体重でも、脂肪が減って筋肉がつくと、痩せているように見えるんです。(見えるというより実際にも痩せてます。)

なので、実際に写真をとって、3ヵ月後に比較するといいですよ。

3ヵ月間は身体が変わる1つの指標になるので、3ヵ月という期間を撮影の目安にしましょう。

痩せたい40代におすすめのダイエット方法

ウォーキング

40代でも簡単にできる運動が有酸素運動です。

特にウォーキングがお勧めです。

体力や筋力が落ちて、なかなか激しい運動ができないという人にオススメです。

ウォーキングに慣れてきたら歩く速度を早くしたり、歩幅を大きくしたりして、少しずつ運動強度を高めていきましょう。

もし早く歩くのが好きでないのであれば、同じスピードで歩く距離を多くしても大丈夫です。

ヨガ

ヨガは4000~5000年前のインダス文明のころが、起源といわれています。

「ヨガ」という言葉は、サンスクリット語で「つなぐ・統合する・調和」という意味のようです。

古代では瞑想することで、心の乱れを正そうとされてきたのが、本来のヨガですが、それがNYスタイルヨガというものに、形を変えて現在の流行っている、フィットネスっぽいん感じになっています。

現在の流行っているヨガは、初心者向けのクラスも多い為、運動が苦手でジムで運動することにストレスがある人はヨガから初めてみても良いです。

しかも、今はヨガが流行っているので、どこでもヨガスタジオを探そうとおもえば見つかります。

ヨガの良いところは、レッスン制になっていることですね。

時間帯や曜日が決まっていると、習慣化しやすいのでダイエットも成功しやすいです。

習慣化の良いところは、ストレスが軽減されることです。

ストレスがなくなると、ダイエットに一番大切な継続することが出来ます。

スクワット

スクワットは、数ある筋トレの中で一番簡単にできるトレーニングです。

何か準備する器具もないし、スペースも全然とる必要がありません。

痩せる意思さえあればできるエクササイズです。

特に大腿四頭筋という筋肉をメインで使うので、他のエクササイズと比べても痩せやすい運動です。

痩せやすい運動と、そうでない運動の簡単な見分け方としては、筋肉の大きさと筋肉の使われている数です。

スクワットは、大腿四頭筋という筋肉と、ハムストリング、大臀筋など、大きい筋肉が他にも使われているので、とてもダイエット効果が高いエクササイズなんです。

お風呂に入る前などに、サクッとできるのでおすすめ度は高いですよ。

踏み台昇降

踏み台昇降も、スクワット同様日常生活の一部に取り入れることができれば、とてもいいダイエットになります。

お家にある台などを使ってすぐに出来ます。

有酸素運動の場合、特に筋肉を意識する必要もないので、お家でテレビや映画を観ながら出来ると少し長い時間でも、継続しやすいのでこちらもおすすめ度は高いです。

キックボクシング・ボクシングジム

仕事や家庭に、何かとストレスを溜め込んでしまいがちな40代の女性。

ストレスはダイエットの一番大切な継続率を下げるので、大敵です。

ダイエットとストレス解消をかねて、キックボクシングを40代の女性にオススメです。

やっぱり身体を動かしつつ、良い汗をかくとスッキリします。

特にウェイトトレーニングとかではなく、サンドバックやミット打ちをすると、さらにストレスの発散効果は高いです。

しかし、わざわざキックボクシングジムに通わないといけないところがネックです。

しかも、女性の方がキックボクシングジムに入門するのは、精神的にとてもハードルが高いですよね。

なので、おすすめ度は少し低いです。

現実的ではないので。

フィットネスジム

自分と向き合うことが好きだという40代女性は、ダイエットジムやフィットネスジムで行う、筋トレダイエットがオススメです。

さっきのヨガスタジオと一緒で、最近はフィットネスジムもどこ行ってもありますよね。

アクセス的にはとても便利だと思います。

でも、やはりジムにわざわざ通わないといけないのは、ストレスですよね。

仕事から疲れて帰って、そこからジムに行く気には中々なりにくかもしれません。

今回の記事は、運動初心者を意識して書いているので、余計にそう思うと思います。

運動することだけでも、ハードルが高いのに、さらにジムに行ってからも辛いトレーニングが待っていると思うと、ストレスがかかり過ぎているかもしれませんね、

あと、ヨガスタジオやフィットネスジムは、3ヵ月以内に退会する人がとても多いです。

それは始めはガッツをみせて頑張っていたけど、続けることが出来なかったからです。

ダイエットに必要なのは、スポット的にやる気を出すことではありません。

簡単にいうと富士山を登るガッツはいらないです。

家の周りを20分歩くことを継続できる方が、必要なんです。

だから、頑張るぞっていう気持ちより、コツコツ努力を積み重ねよう。と思える気持ちが大切です。

痩せたい40代は食生活も大事

厳しいカロリー制限や糖質オフも好ましくありません。

太ったからといってカロリー制限ばかり気にしていると痩せるどころかげっそりと不健康になってしまう恐れもあります。

なので、極端なダイエットをすることはおすすめしていません。

食事はバランスよく食べることを意識することが重要です。

食生活で大事なことは、我慢し過ぎてそれがストレスになることを避けるのと、筋肉を作ってあげるタンパク質をとることです。

筋肉をつけることで、代謝がアップするので脂肪分が減り体が引き締まりますが、実際に筋肉をつけようとしたら、結構ちゃんとトレーニングを定期的にしなければいけませんの、ここではタンパク質を摂るのは美容的な要素が強いです。

髪も皮膚も爪も、タンパク質から出来ているので、タンパク質が不足すると美容的には良いことはありません。

特に鶏肉のささみであれば、脂肪分が少ないので食べるのにカロリーも気にならないでおすすめです。

脂質が多いお肉と比べて、パサパサしているので、慣れるのには少し時間をかけましょう。

あとは、ストレスなくといっても、糖質を積極的にとったり、とりすぎたりするのではいけません。

朝ごはんに菓子パンだけといった食生活では、体に脂肪を溜め込むだけですので、絶対にやめましょう。

ちなみに、菓子パンは食事ではなくて、お菓子です。

じゃあ何を食べれば良いのって、思う人はこちらを参考にしてください。

ごま
たんぱく質・食物繊維・カルシウム・ミネラルなど栄養豊富。

しいたけなどきのこ類
ビタミンや食物繊維が豊富。

豆類
豆腐・大豆・納豆など。高たんぱく質、ビタミン・食物繊維が豊富。

わかめなど海藻類
たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富。

野菜
ビタミン・ミネラルが豊富。


たんぱく質や鉄分がたっぷり。

いも類
炭水化物・糖質やビタミンC・食物繊維が豊富。

痩せたい40代の女性は短期ジムはやめた方がいい

短期のダイエットジムは文字通り、短期間でダイエット成果を出すことが目標になります。

短期でダイエットをするということは、どういうことかというと、短期間で体脂肪を燃焼させるということなので、相当ハードな運動や食事制限になります。

確かに、短期的にハードなダイエットを行えば、痩せることはできると思いますが、その状態を維持することは出来ないと思います。

もし、その状態を維持できるほど、精神力が強いのであれば、そもそも短期ジムに行く前に、自分でダイエットを成功させているはずです。

短期ジムの価格帯

短期ジムは価格帯がとても高いです。

普通のフィットネスジムだったら、1年間くらい通い続けることができるくらいです。

僕が思うのは、その早く痩せたいから、どうにかしようと思う精神性に問題があると思います。

なので、きちんと時間をかけて自分の身体を変えようと、気持ちを入れ替えない限り、短期ジムや高額エステサロンのいいカモです。

そんな人たちも僕は大勢みてきました。

だから僕のダイエットプログラムは、1回分の外食の料金くらいに抑えて、コスパ良く痩せてもらえるようにしています。

痩せたい40代の女性を応援しています

やはり痩せたいと思うのは、年齢関係ないと思います。

最近は健康寿命が長くなり、人生自体が長くなりました。

なので、太っているコンプレックスを感じる時間も、長くなったということです。

早めにダイエットを少しずつ始めて少しでも、人生をコンプレックスなく過ごせたら良いですよね。

特に、「本気で痩せたい」、「綺麗なボディラインを取り入れたい」「おばちゃん体型にはなりたくない」と思っている40代の女性は、ぜひ継続してダイエットに効果的な運動や食生活を行なってくださいね^^