ダイエット

痩せる油を摂ってダイエットを成功させる【便秘になりやすい女子必見】




痩せる油を摂って痩せたい人「ただ油をカットするのは、ダイエット的に良くないって聞いたけど、実際のところどうなんだろう。周りにそんな詳しい人もいないし誰か教えてくれないかなぁ。」

今回はこういった方に対してお答えします。

この記事を読めはこちらのポイントが分かります。

・痩せる油の種類が分かる

・痩せる油の効果が分かる

・痩せる油のどれを選べば良いかが分かる

この記事を書いている僕は、「脳科学・心理学」を組み合わせた、ダイエットの専門家として、独立をしてから【7年目】になります。

ちなみに、僕の実績はこちらになります。

・女性誌「Oggi」「scawaii」の雑誌掲載

・マイナビ出版の「私たちのダイエット」書籍監修

・NY、 LAのダイエットジムの20店舗以上でトレーニングを体感

・NYコレクションモデル直接指導

・銀座、恵比寿、渋谷での女性専門パーソナルトレーニングジム経営(4年目)

・全国展開大手フィットネスジムで全国売上No.1獲得 

最近はYouTube動画を毎日更新しています^^

痩せる油を摂ってダイエットを成功させる方法

今は少し落ち着いてきましたが、一時期海外セレブが良質な油を摂っていることで、一気に日本でも流行りましたね。

現在は、健康的なものとして油は認知されていますが、それも最近の話で、今までは油はダイエットの大敵だと思われていて、全然必要性を感じられていませんでた。

コーヒーに入れたり、ドレッシング混ぜたりして、使われること多いようですが、その使い方は合っているのか?

美容効果あるとか、ダイエット効果があるとかいわれていますが、本当のところはどうなんでしょうか。

今回はそんな「痩せる油」に関して、スポットを当てていきます。

インスタグラムは1日2回更新しています。

 

View this post on Instagram

 

町田耀大さん(@yota09200)がシェアした投稿

痩せる油と太る油の種類の違い

油は大きく2つの種類に分けことが出来ます。

飽和脂肪酸

動物性の脂肪です。

食品としては、バター、ラード、牛脂に多く入っています。

この脂肪を多く摂りすぎると、皮下脂肪が増えやすくなるので、この飽和脂肪酸は摂りすぎないように、気をつけるということは絶対に忘れないでおきましょう。

文献によっては、摂らないことも良くないとか、書いてあったりするけど、普通に食事していたら嫌でも摂ってしまう人が、ほとんどなのでなるべく摂らない意識をしましょう。

不飽和脂肪酸

オメガ3系、オメガ6系、オメガ9系

特に意識して摂った方が良いのが、オメガ3です。

食品としてはこちらになります。

しそ油、亜麻仁油、エゴマ油、イワシ・サンマ・ブリの油。

この中でも、話題になったのはa-リノレン酸を多く含んでる、エゴマ油とアマニ油です。

ダイエット的な効果を後ほどご案内します。

避けるべきは飽和脂肪酸とオメガ6系

先ほども、飽和脂肪酸についてはご紹介しましたが、オメガ6系も避ける必要があります。

オメガ6系のリノール酸は、菓子、パン、マヨネーズ、カップ麺など、いわゆる加工食品やファストフードなどに含まれる、加工された食品が多いです。

なので、現代人は過剰に摂取している人が多いです。

なんで過剰に摂ってはいけないかというと、理由としては「アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性炎症疾患」を起こしたやすくなると、いわれているからです。

花粉症とか絶対になりたくないですよね。^^;

僕のお友達にもいるけど、いつもシーズンになるとすごい辛そう。

痩せる油の生理学的な効果

必要な油が足りなくなるとこのような症状が出やすくなります。

・肌に潤いがなくなり、カサカサになりハリがなくなる。

・ホルモンバランスが崩れ、精神的に不安定になりイライラし、生理不順になる。

・便が硬くなることから、便秘になる。

なので、上記でご説明させてもらった良質な油を、ちゃんと摂取を意識しましょう。

ちなみに、良質な油を摂るとこのような作用があります。

うつ病を軽減する効果。

炎症を低減する効果。

血液をサラサラにするなどの効果。

ちなみに、先ほど説明したオメガ3には、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪を減らし、HDL(善玉)コレステロール値を上昇させる作用もあります。

つまり、血液サラサラになって、脂肪減りやすくなって、健康になれるってことです!(かなりザックリ!笑)

痩せる油の摂取タイミング

どんな種類のものが良いのかとか、どんな効果があるとか、分かってきました。

しかし、いつやれば摂取すればいいの?って思いますよね。

大丈夫です。今からご説明しますので。

考えられるタイミングはこの3つのパターンくらいです。

・朝一に、朝食と一緒。

・夕食など食事と同じタイミング。

・ 就寝前に摂る。

しかし、良質な油の摂取タイミングを伝えている良い論文は、特に探しても見当たらなかったです。

つまり、このタイミングで摂取するというよりは、習慣的に毎日摂取すると良いという感じなので、自分の飲みやすいタイミングで大丈夫ですよ。

痩せる油が売っている場所

今はスーパーや、ネットでも、どこでも手に入ります。

特にメーカーなども、こだわらなければ、本当にどこでも売っています。

もしこだわるとしたら、製法です。

コールドプレス(低温圧搾)で搾油をした後に、未精製(な油を買うとより良いです。

油本来の栄養素が損なわれないので、健康には最適ですよ!

そしてポイントは、化学溶剤は未使用オイルを購入した方が、圧倒的に栄養素が高いです。

化学溶剤というのは、脱酸、脱色、脱ロウ、脱臭をして、精製された油です。

考えただけでも、せっかく摂るなら化学溶剤は使われていない方が良いですね。

何を買ったらいいのか分からない人は、こちらのオイルをどうぞ。

先ほどいっていた未精製のオイルです。

痩せる油の注意ポイント

ハーバード大学で疫学の教授を務めるカリン・ミッシェル氏が、「ココナッツオイルは純粋な毒である」といっています。

あとは、アメリカ心臓協会も「ココナッツオイルには宣伝されているような効果は存在しない」「心血管疾患の原因となるLDL(悪玉)コレステロールを増加させる可能性がある」ともいっています。

どのような研究をしたのかまでは、リサーチできていませんが、ココナッツオイルに関しては、賛否があるようなのですので、どうせ摂るなら先ほどご紹介オイルが間違えないでしょう。

痩せる油は便秘にも良い

オリーブオイルには、腸の神経を刺激してぜん動運動を促進する作用があります。

小腸で吸収されにくいオレイン酸が主成分なので、吸収されなかった油分が腸の滑りを良くしてくれて、排便されやすい状態をつくり、効果的に便秘を解消することができるようになります。

痩せる油は絶対に摂った方が良い

ダイエット中の女性は、特に油と聞くと拒絶反応が起きると思いますが、今回の記事を読んで油にも種類があることと、摂った方が良いのが理由を理解してもらえたら嬉しいです。

なんとなく、ニュアンスでダイエットをすることなく、科学的に根拠があるダイエットをこれからもご紹介していきますので、是非楽しみにしていてくださいね^^

最後まで読んで頂きありがとうございました!