健康

朝から吐き気がするのはストレス

インスタグラムは毎日更新しています!

ストレスに押し潰されそうな人「最近ストレスで胃がムカムカして吐きそう。こんなことを繰り返していても、身体にも精神的にも良くないのは分かっているけど、どうしたら」

今回はこういった女性に対してお答えします。

この記事を読めはこちらのポイントが分かります。

朝から吐き気がするのはストレスがある原因

ストレスを発散する方法

インスタグラムでお客様のお声などハイライトから確認できるので、是非興味がある方はご覧になってくださいね。

インスタグラムは1日1回更新しています。

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 

町田耀大(女性ダイエット専門家9年目)さん(@yota09200)がシェアした投稿

YouTube動画も配信しています^^

ご覧頂いているこのブログを書いている僕は、普段女性専門のパーソナルトレーナーを仕事にしています。

簡単にいうとダイエットトレーナーということです。

ダイエットは食事の管理や運動だけを行えば良いと思われがちですが、精神的なところをサポートするのもとても大切なことなんです。

なので、今回はストレスなど精神的なことについて書いていきます。

特に朝は生理学的にも憂鬱になりやすく、ストレスで吐き気がしてしまう人もいます。

このようなことで悩んでいる人のために、今回は朝からストレスで吐き気がしてしまう原因や解消方法をご紹介します^^

朝から吐き気がするのはストレスがある原因

月曜日の朝。

このタイミングは一般的に、休日の時にはない吐き気を朝から感じる女性の方は多いです。

僕のクライアントさんにも、朝から吐き気をする方がいます。

なので、食生活や運動に問題があるのではないかと、心配になる方も多いんです。

しかし、朝の吐き気の原因は仕事によるストレスによるものが多いです。

ストレスというのは、色々な症状を引き起こします。

腹痛や頭痛、吐き気、鬱などです。

特にダイエットを行なっていると、普段は炭水化物を多くとっている女性は、糖質の摂取量が減るのでセロトニンがいつもより分泌されにくくなります。

そのせいで、余計にストレスが精神的にかかってしまい、ダイエットも挫折しやすくなります。

ストレスの段階

元々は、ストレスという言葉自体は心理学的な用語ではなく、物理学の用語だそうです。

ストレスというものをとても簡単に説明すると、誰かに何かを言われたりした時に、その出来事に対して精神的や肉体的に負担がかかりします。

その、嫌だと感じたことに対して耐えたり我慢したりすることで、気持ちに負の感情が溜まっていくことです。

なので、1回よりも2回。

続けば続くほど精神的や肉体的に疲弊していくので、ストレスに対して人間は弱くなります。

最近問題になっている、過剰労働の問題もそうです。

大変な仕事がたまにだったら、精神を病むところまでいきませんが、残業が続きたりパワハラが続くと精神的におかしくなってしまう人が増えてきます。

それは、継続的に行われることだからです。

もちろん、継続的に行われなくても、ストレスはかかりますが。

そのストレスにも段階3つあります。

レベル1の段階は、警戒反応期という段階です。

ストレスに少し気づきつつも、精神的に緊張するくらいのレベルです。

レベル2の段階は、反抗期です。

この段階は、ストレスに向かい合って抵抗している段階です。

レベル3の段階は疲憊期です。

この段階に入ると人間は何もやる気が湧かずに、長期的な落ち込んだ状態。

鬱のような状態になります。

ストレスに耐えきれなくなり、精神的に消耗させれているので、生体機能にも異常をきたしてきます。

朝に吐き気がするのはストレスレベルが高い可能性が大きい

朝に吐き気がするのは相当ストレスレベルが高いです。

それは先ほどご説明したレベル3の段階にあるからです。

疲憊期この段階に入ると、生体機能に異常が見られます。

では、続いて主にどんなことで起きるのかご紹介します。

朝に吐き気がするストレスの原因

物理的な天候や湿度などのようなものから、精神的なものなど色々ありますが、特に多い原因は人間関係です。

その中でも一番多いのが、40〜50代の中間管理職の社会人だと言われています。

上司と部下に挟まれて、ストレスを吐き出す場所がないということが原因のようです。

その他には、新社会人の方で会社の人間関係が上手くいかず、悩んで相談しても、社会はそんなものだとか言われてしまったります。

そして、誰も親身に相談に乗ってくれないことがきっかけで、先ほどお伝えしたストレスの蓄積が起きてしまい、そのまま鬱の症状に陥ってしまう方も多いようです。

朝に吐き気がするストレスを溜め込みやすいタイプの人

真面目で我慢強い人に多いです。

特に、今ままであまり失敗をしてこない優秀な人ほどストレスを溜め込みやすいです。

あとは、周りのことに気を使い過ぎてしまう人や、将来のことに不安を感じ過ぎてしまう人も注意です。

このようなタイプの人は、ストレスを溜め込みやすく発散するのも苦手な人です。

なので、なるべく失敗しても気にせず、完璧に物事をこなそうとせず、程よい緊張感で生活することが大切です^^