ダイエット

痩せると老けるのはなぜか【若返る痩せ方をご紹介】




痩せたいけど老けたくない人「痩せたくてダイエットしたけど、なんかゲッソリして昔の自分の方が若くみてたなぁ。痩せて老けてみえるっていうけどなんか対策はないかなぁ。詳しい人に色々聞きたいけど周りにいないしなぁ。」

今回はこういった方に対してお答えします。

この記事を読めはこちらのポイントが分かります。

・痩せるけど老けない方法が分かる

・痩せるけど老けない運動方法が分かる

・老けない食事方法が分かる

この記事を書いている僕は、「脳科学・心理学」を組み合わせた、ダイエットの専門家として、独立をしてから【7年目】になります。

ちなみに、僕の実績はこちらになります。

・女性誌「Oggi」「scawaii」の雑誌掲載

・マイナビ出版の「私たちのダイエット」書籍監修

・NY、 LAのダイエットジムの20店舗以上でトレーニングを体感

・NYコレクションモデル直接指導

・銀座、恵比寿、渋谷での女性専門パーソナルトレーニングジム経営(4年目)

・全国展開大手フィットネスジムで全国売上No.1獲得 

最近はYouTube動画を毎日更新しています^^

痩せると老けるのはなぜか

20代では伸縮性があった皮膚も年齢を重ねる毎に、皮膚のたるみが気になってきます。

特に40代超えたらそうはいきません。

やみくもにやせたら、皮膚はたるみやすくなったり、しわになりやすなるんです。

つまり、ただ痩せるのではなく、痩せ方を考える必要があります。

痩せると老けるのは姿勢が原因

体型美しくするには、まず姿勢が一番大切です。

想像してもらいたいのは、どんなに綺麗な内装のビルがあったとしても、建物が傾いていたら美しくないですよね。

まずは脂肪や筋肉のたるみ以前に、姿勢を正しくすることが重要です。

つまり、正しい姿勢をキープするだけで痩せてみえる効果があるということです。

姿勢で気をつけるポイントをいくつかご紹介します。

頭部

顎が上がり頭が前に出やすくなるのを気をつけましょう。

前に巻き込むように突き出ないように気をつける。

前に反り返らないように気をつける。

お尻

腰が丸くなり過ぎてお尻が下を向かないように気をつける。

内側に向き過ぎないように気をつける。

簡単にこのようなことをまずは気をつけて頂ければ、姿勢は今よりも間違えなく良くなりますよ。

痩せると老けるのは食事で予防できる

ムリに糖質を抜くと、極端に炭水化物(糖質)が少なくなる為に、げっそりした印象を与えてしまいます。

そうすると皮膚がたるみやすくなり、肌にはツヤやハリがなくなってしまいます。

ただ痩せることが痩せると老ける原因になっていることが、これで少しは理解して頂けたでしょうか?

やみくもに痩せることは老化につながることだと、自覚することが出来れば変に体重にこだわった痩せ方を、しようとは思わなくなってメンタルも安定しますよね^^

痩せると老けるのは運動不足が引き起こす

ただ脂肪だけがなくなってしまうと、細くはなりますが印象としてはゲッソリした感じが強くなります。

体重や細さにこだわって、見た目はどうでも良いという人は良いですが、せっかく頑張って努力しているのに、美しくみられないのはちょっと勿体ないかなって思います。

痩せると老けるのは運動不足がかなり大きく影響します。

脂肪がなくなって皮膚が垂れると、ちょっとやつれたように見えてしまうけど、筋肉は脂肪と比べてハリがあります。

筋肉は収縮力があるので、重力に逆らうことができるんです。

頼もしいですよね!

つまり、太っているときは、その分肌が張った状態ですが、痩せて皮膚は伸びたままになり、痩せると老けてみえるので筋肉でハリを出しましょう。ということです。

一応、美容整形外科等に行って高額なお金を支払って、オペを行えば皮膚を取り除くことは出来ますが、リスクがあったり怖いのでなるべく自力で自然にハリを出すことをお勧めします。

運動すれば良いのは分かるけど、運動なんて普段しないから何したらいいのか分からない、という人はまずは、キングオブエクササイズといわれている、こちらのエクササイズを行ってみてくださいね^^

僕のインスタグラムのトレーニング動画がみれますよ!

痩せると老けるのは食事の栄養素が足りてない

お肌のハリや老化を予防することができる栄養素があるのはご存知でしょうか?

実は、科学的に抗酸化作用というものが、認知されている栄養素があります。

抗酸化作用とは、イメージ的には「酸化」身体が錆びること、「抗酸化」アンチエイジング、若返り、などといわれています。

では、早速栄養素をご紹介していきます!

ビタミンA

ビタミンAは食事でとることが出来るのは、動物性のもののみですが、βカロリンという栄養素は野菜(にんじん)から摂ることが出来ます。

動物性のものだと「レバー、うなぎ」などが豊富に含んでいます。

ビタミンC

先ほどご説明した、抗酸化作用が強く昔から美容に良いといわれ続けている栄養素です。

他にも、コラーゲンなどの吸収を高めてくれます。

ビタミンCはこちらの食物に多く含まれます。

「レモン、キウイフルーツ、アセロラ」です。

しかし、果物は果糖といって吸収されやすい糖なので、出来るだけサプリで摂った方が太りにくいです^^

ビタミンE

ビタミンEはビタミンCと同様に、抗酸化作用が強く細胞レベルで老化を予防する働きがあります。

活性酸素という老化を促進してしまうものを抑える効果もあります。

簡単に活性酸素のご説明をすると、体内の有害な物質を撃退する作用も持っているが、増えすぎると普通の細胞まで攻撃してしまい、シミやシワといった老化現象を引き起こしやすくします。

痩せても老けたくない人からしたら、めちゃめちゃ良い栄養素ですよね。

僕はいつも意識して摂っています^^

ビタミンEを多く含む食品はこちらです。

「アーモンド、アボガド、レバー」

アーモンドなどは、お手軽に摂取できますので、ぜひ摂ってくださいね。

アーモンドはこちらの商品のように素焼きなものが理想ですよ^^

塩分が多いと浮腫みやすい身体になってしまいます。

コラーゲン

お肌のハリを作るのに必要な栄養素だといわれていますが、食事としては一度食べると体内で分解されるます、その後再度コラーゲンに再合成されるとは考えにくいので、コラーゲンを食べることは僕はおすすめしません。

コエンザイムQ10

細胞を活性化する役割があるので、老化を防止して見た目年齢を下げてくれる栄養素。

「牛肉、ホウレンソウ」などに多く含みます。

カルシウム

骨を強くすることで有名ですが他にも役割があります。

それはお肌の抵抗力を高めてくれて、炎症を抑える作用があるので健康的なお肌になります。

カルシウムを多く含む食べ物はこちらです。

「チーズ、牛乳、小魚」このワードを見ただけでもカルシウムが多そうでうよね。

チーズや牛乳などの乳製品で摂るとどうしても、カロリーが多くなって脂肪がつきやすくなります。

なので、サプリで摂取することがおすすめです。

痩せると老けるのはやり方次第

やり方次第で痩せながら美しくなることも可能です。

なので、ダイエットでただ痩せることだけを考えるのではなく、痩せながら老けることはなるべくしないことが重要です。

若返ることはとても難しいですが、老けることを防止する事の方が、可能性も対策もあります。

ぜひこのブログをきっかけにアンチエイジングに励んでいてください!

最後まで読んで頂きありがとうございました^^