ダイエット

ウエストをくびれさせる筋トレ

ウエストをくびれさせる筋トレを知りたい人「筋トレしているけど全然ウエストがくびれない。どうしたらいいかネットで調べたりしたけど、中々正しい答えが見つからない。ちゃんと経験があるトレーナーから教えてもらいたいなぁ。」

今回はこういった女性に対してお答えします。

この記事を読めはこちらのポイントが分かります。

ウエストをくびれさせる筋トレとは

ウエストをくびれさせる筋トレのポイントとは

インスタグラムでお客様のお声などハイライトから確認できるので、是非興味がある方はご覧になってくださいね。

インスタグラムは1日1回更新しています。

YouTube動画も配信しています^^

こちらのブログはmachidietというダイエットブログメディアを運営している、町田耀大本人が書いています。

そして、僕は実際に大手フィットネスジムにフリーランスで働くことから始めて、最終的には渋谷・恵比寿・銀座で女性専門ダイエットジムを経営を4年間行なっていました。

あとは、全国女性ファッションに4度掲載されたり、マイナビさんからダイエット本の監修もしています。

何より、僕は実際に女性のパーソナルトレーニングを行なってきたので、ただブログで情報発信をしているものとは全然違うので、ご安心して参考にして頂ければと思います。

今回はウエストのくびれについてですね!

早速行きましょう^^

ウエストをくびれさせる筋トレ

ウエストをくびれさせる筋トレってよく雑誌とかでみますよね?

しかし、ウエストって本当に筋トレすることでくびれるんでしょうか?

色々どんなことがいいのか悩んじゃいますよね。

では、実際にウエストをくびれさせるには、どのようなことをしたら良いのか、ご紹介して行きましょう。

ウエストをくびれさせるのに筋トレは良くない

こちらのタイトルだと、全ての筋トレがだめみたいに思えるかもしれませんが、実際は9割はだめです。笑

筋トレをすると筋肉に厚みが出ることは、皆さんもご存知だと思います。

最近流行っているマッチョの男女が出る大会とか、テレビやSNSでみたことがある方は多いと思います。

なので、ハードなウエスト周りのトレーニングは、反対に筋肉を大きくして厚みが出てしまう為、ウエストをモデルのようにくびれさせたい女性は、筋トレをしない方が良いんです。

でも、全ての筋トレがNGな訳ではありません。

行なって良いウエストのくびれをだす筋トレが1つだけあります。

それは一般公開出来ないので僕に直接ラインからご相談くださいね^^

こちらから出来ます↓

ウエストをくびれさせるのに筋トレにプランクは不向き

よくジムでウエストをくびれさせたいんです!と女性の方が聞くと、これ効きますよ!とプランクをお勧めします。

プランクが分からない方は、プランクとググってみてください。

そうすると画像ですぐに分かると思います。

それくらい日本では、ウエストをくびれさせるトレーニングでプランクが普及している訳です。

そして、プランクをやればくびれが出来るとという幻想が、巷では噂になり収集がつかなくなっているのが現状です。

なんで?と思う方もいるかもしれませんが、先ほどご説明した理論と同じです。

くびれを作るには、解剖学的には肋骨と骨盤の間のものをなるべくなくすことが重要です。

なので、筋トレをして、そこに張りが出てしまうと、どうしてもくびれが浅くなってしまうので、中々くびれないんです。

ウエストをくびれさせる筋トレのポイント

くびれを作るにはどうしたら良いの?と思いますよね。

では、今からくびれを作るための筋トレポイントをご紹介します。

ウエストをくびれさせるには筋トレではなく脂肪を減らす

ウエストをくびれさせるのに筋トレをしようとしていること自体が、そもそも間違えの始まりです。

ウエストをくびれさせるのに1番必要なものは、とにかく脂肪をなくすことです。

先ほどもご説明した通り、骨盤と肋骨の間の物質を減らすことが、くびれに直結する訳なので筋トレをしている場合ではないんです。

では、何を始めにするべきかを続いてご説明します。

ウエストをくびれさせるには筋トレではなく食事管理

ウエストをくびれさせる為には、筋トレではなく食事管理が重要になります。

それは何故かというと、いくら運動しても食事管理が出来ていないと、脂肪を減らすことは本当に難しいからです。

毎日物凄い量の運動を続けている人は別ですが、普通に適度な運動くらいでは運動だけで痩せるのは、ほぼ100パーセント無理でしょう。

もし可能だったとしても、気持ち的に続かないか身体のどこかを故障するリスクが、とても高いです。

ウエストをくびれさせる筋トレのまとめ

まず僕が全てのダイエットに関して当てはまることをお教えします。

ウエストをくびれさせる筋トレもそうですが、痩せたい場所の特徴を理解することが重要なんです。

脚もそうですが、ただ筋トレをすると太くなります。

それはもちろん筋肉がつくからです。

だけど、やっても脚のラインが崩れない筋トレもある訳です。

何を伝えたいかというと、頑張る前にちゃんと効率的なやり方を理解することです。

とりあえず筋肉痛がきたら効いてるというのは、本当に医学的根拠はどこにもありません。

筋肉痛がきているから、痩せる保証はどこにもないんです。

だから、筋肉痛が来なくても痩せるし、綺麗になれるし、ダイエットも成功します。

ちゃんとやったら効果が出ることを行うと、成果がです。

当たり前ですが、中々ちゃんと実践できているダイエッターはいないです。

何でもかんでも情報を信じるのではなく、そのトレーナーの信頼度も考えてダイエットメニューに取り入れるか、よく吟味するようにしましょう^^

最後まで読んでいただき有難うございました!