心理学

仕事の人間関係が辛い人へ

インスタグラムは毎日更新しています!

こんにちは!

オンラインダイエットサポートの町田耀大(マチダヨウタ)です。

ダイエットでもそうですがストレスが多いと上手くいきません。

それはダイエット以外の仕事でも同じです。

なので、今回のブログの記事は、「仕事の人間関係が辛い人」に向けて書きます。

インスタグラムもやっていますので、お時間があるときにご覧くださいね^^

仕事の人間関係が辛いのは何故?

仕事の人間関係が辛くて会社を辞めたい人って意外と世の中に多いです。

そこで、会社を辞める理由をリサーチすると、色々な人が仕事の人間関係が辛くて悩んでいると分かります。

実際に会社を辞めた理由は、建前で言っている辞める理由と本当に辞める理由があります。

まずは会社に言っている建前の理由

1位は結婚や家庭の事情という理由が多く、2位は体調を壊したという理由です。

そして、3位は仕事の内容が合わないということがストレスの原因になって、やめるという方が多いようです。

では、実際に辞める理由こちらです。

1位が人間関係です。

やはり、仕事のストレスで辞めたいというよりも、人間との関わりが上手くいかないことが原因の女性が多いようです。

2位が評価や人事制度に不満がある女性が多いです。

最近は女性の人も活躍しやすくはなっているものの、やはり人事制度や評価に対して不満を持っている女性も多いようです。

やっぱり頑張ったのに認めてもらえないのは、仕事関係なくストレスになりますよね。

3位は拘束時間です。

拘束時間はストレスで精神的にトラブルを起こしている人が多いので、だいぶそういう過剰労働が問題に取り上げられていますが、この問題もすぐに改善するのは難しいらしく、拘束時間が長いことがストレスで仕事をやめる女性も多いようです。

実際に調査すると、多くの人が仕事の人間関係が辛いことで、離職を決断しています。

それくらい仕事の人間関係が辛いと感じている人が多いということですね。

仕事の人間関係が辛いと感じやすい人とは

仕事の人間関係が辛いと感じやすい人はストレスを溜め込みやすい傾向が多いようです。

先ほどの仕事のストレスで辞めたくなる人のランキングでもそうですが、人間関係はとてもストレスを感じやすいです。

なので、仕事の人間関係が辛いと感じやすいと、どうしてもストレスを溜め込みやすくなるので、仕事でストレスを感じやすく辞めたくなってしまうようです。

番外編的な感じでいうと、女性だけの職場に男性が少しでもいるだけで、女性同士の人間関係は良くなるという実験結果もあるようです。

僕は男なので分かりませんが、結構女性だけの職場は大変だっていますよね。

転職を考えている女性は参考にしてみてもいいかもしれないですよ^^

仕事の人間関係のストレスを発散するには

仕事でストレスが溜まっているのにも関わらず、ストレスの発散方法を知っていないと、仕事の離職率も高くなるようです。

これに関しては確かにそうだなって思いますよね?

人間はバランスが大切ですから、酷使した精神をちゃんと癒すことも大切です。

では、仕事のストレスの発散方法をご紹介していきます。

運動をする

仕事の人間関係が辛いと精神が不安定になリます。

そんな時はあえて運動をすることがオススメです。

休みの日に少しアクティブに過ごすことで、ストレスを発散する方法はポジティブレストといいます。

そうすることでセロトニンというホルモンが分泌するされます。

なので、精神が安定しやすくなり、ストレスに対して耐久性が高くなります。

運動している人とかジムに通っている人って、なんか元気な人って多くないですか?

それはホルモンの影響もあるので、そう感じることがあるんですよ!

セロトニンが一番分泌されるのは、運動開始から20〜30分なので空いた時間にサクッとできます。

是非ストレスが溜まり易く趣味が欲しい人は、ジムに通うのを趣味にしてみてはいかがでしょうか?

仕事の人間関係が辛い時はこう考える

まずは世の中の法則を知ることで、気分を楽にすることから始めましょう!

それは「2:8の法則」です。

なにそれ、全然聞いたことがないと思う人も多いと思いますので、ご説明していきますね。

世の中には、「2:8」で分けられることが多いという、研究結果が多くあります。

絨毯の消耗の8割は2割の面積で起きていたり、8割のお金は人口の2割のお金持ちが所有していたりします。

そういう「2:8」で自然に分かれる現象を、心理学の世界ではパレート効果と言います。

パレート効果を上手く使った経営コンサルタントの面白いお話もあります。

社員のやる気を出すために、やる気がない社員を8割雇うことで、元々いた2割の社員が一生懸命頑張るという実験もあります。

これは働きアリでも同じ現象が起きました。

なので、あなたの働いている会社でも同じです。

職場では性格が悪い人がいて、仕事でストレスが貯まる人こともあると思いますが、8割の確率で楽しくないことがあって、人生の面白いことは残りの2割です。

なので、人生の全てをハッピーにしようと欲張らずに、人生の2割を楽しむことに全力で集中するように考えましょう^^